ど素人が技術力ゼロでもiosアプリを開発する【準備編】

iosアプリを開発をしましょう!
全く知識が無い人や、プログラミングなんてしたことがない人にとっては想像も出来なくて漠然と難しそうというイメージのみあると思います。

でも、実はちょろいもんです!最初から出来る人なんていないですし、今は協力な開発ツールがサポートしてくれるので誰でも簡単に作成出来るようになってます。
いやーいい時代ですね。と、まあ今回はiosアプリ開発するための準備をしていきます。

必要なもの

誰でも出来ると言っても、流石に手ぶらでは無理ですw

今回必要なものは2つです。

  • Mac
  • Xcode

iosアプリにMacOSは必要不可欠です。
Windowsでもiosアプリの開発も出来ますけど、少し話がむずかしくなるのでその話はまた次回。

Xcodeをインストール

xcode-closeup (1)

Xcodeとは

Apple社が提供するMac OS X向けの統合開発環境です。簡単に言うと、iosアプリを開発するための協力なツールです。プログラミングだけでなく、デバッグ機能やiosシュミレーターを利用して端末での挙動を確認することが出来ます。

インストールに必要なもの

  • Mac
  • Apple ID
  • ハードディスク容量 約 5 GB以上

Apple IDがまだないって方はこちらから作成できます。

インストールする

スクリーンショット 2016-01-07 16.31.13

ituneStoreで”xcode”と検索すれば、一番最初に出てくるかと思いますので入手します。
こちらからもダウンロードできますのでどうぞ。

初期起動

さあ、起動してみましょう。
無事に起動ができたら、立派な開発者の仲間入りです!

次は、Xcodeの使い方を学んでいきましょう。

xcodeの使い方 誰でも簡単にiosアプリ開発!

2016.01.20