ガラス製品に注意!ひとりでに爆発する原因は?

DSC_1355

ガラス製品のものを誰しもひとつは持っているのではないでしょうか。

例えば、コップやガラス天板の机、また家の窓なんかもガラスですね。

そんなガラスがひとりでに爆発する事件がいたるところで報告されていました。

DSCF3177 20101026012034cf6

こんなかんじで、ほんとに粉々になってしまいます。これは、近くにいたら大怪我の可能だってありますね。ではなんで爆発してしまうのでしょうか。

ガラスが勝手に爆発する原因

ガラスの爆発が報告されるのは、強化ガラスに多いみたいです。
ガラスの爆発は物理的に説明がつくことだったのです。

強化ガラスの製造方法

強化ガラスがどうやって作られているのかを理解しましょう。
強化ガラスというのは、製造時に高熱から急冷して、収縮させて、強い内部応力を保ったまま製品としています。内部の緊張が高いため普通ガラスに比べて高い強度のガラスが作れるのです。

強化ガラスの弱点

強化ガラスは強度は高いのですが、割れると内部応力が一気に開放されるため粉々になるという性質があります。
そのため、些細な傷が出来ると、そこに応力が集中して破裂するのです。

ガラスが勝手に爆発する原因は強化ガラスだから

爆発すると言われているのは、破裂時に「ボンッ」という大きな音がなるためです。
飛び散る場合もあるので、危険なことには変わりがないのですが…
実際、普通に強化ガラス製品を使用していてこの予兆を知るのはとっても難しいことかもしれません。
これは低い確率で起こることなのであまり過度な心配をする必要はないかと思います。

しかし、万が一のために、コップやお皿などはしっかりしまっておくことやガラステーブルにはランチョンマット等を敷いておけば悲惨な辞退はま逃れるかもしれません。